黒猫と哀愁と元気

日々の一言一言。漫画描き手代木史織さんの日々。*Da-Daism*(http://da-daism.tumblr.com/)の分家。日々のゆるーい事。一言お知らせなど。
日々の一言一言。
漫画描き手代木史織さんの日々。
*Da-Daism*(http://da-daism.tumblr.com/)の分家。
日々のゆるーい事。一言お知らせなど。
星矢展!!!!

星矢展!!!!

土曜ですが行ってきました…! 黄金聖衣十二体は圧巻でした…。
一番食い入って見てしまったのはやっぱり、車田先生の原画なんですが、私がずっと見よう見まねで近づこうとした処理や画面の迫力があんなに沢山間近で見れるのは本当に震えるほどで…。何より、小学生時代から貰ってたパワーの源流と言うか、自分の原点と言うか、そんなことを考えたと言うか、感じて色々ぶわわわわと来て、人知れずダラダラ泣いていました…。

入り口付近の漫画の各シーンのコラージュも鳥肌で、氷河対ミロの「この氷河にとって、今この時代に生きていると言う事に価値があるのだ!」の一枚絵は台詞も合わせて、小学生の自分にかなり食い込んだシーンだったので、この絵が目に飛び込んだ瞬間、なんかもう、また頑張ろうと、凄く思いました…。

マイスの展示場所ではテンマと輝火がいて、あぁ…仲間に入れて貰えてる…(T▽T)!!と感激したり…。

物販は残り少なかったですが、カードバトルの画集を家に帰ってから見て、モバゲー星矢をしていた頃の、自分の箍が外れたようなハマりぶりを思い出して苦笑したりしていました…(後半怖くなって自分に禁じたり…)。
お世話になったカードあれこれがこんなに大きく見れるなんて…(;_;)。

色々と思いを馳せるような、自分にとっての星矢史も思い出すような、そんな一日になりました。

車田先生、関係者の皆様
30周年、改めておめでとうございます。
星矢展、開催してくださって本当に有難うございます!